男性の一人暮らしにお勧めしたい「明大前」

具体的な一人暮らしの生活費がどの程度必要なのか

一人暮らしをするときに心配なのは「本当に生活ができるかどうか」です。
賃貸物件のことも大事ですが今回は【具体的な一人暮らしの生活費がどの程度必要なのかと
男性の一人暮らしにお勧めしたい「明大前」】
についてお話します。
 
  • 一人暮らしを始める場合に目安としたい金額は?
 
初めて一人暮らしをする場合には、なかなかイメージがわかないものです。
「えっ、そんなにお金がかかるの?」と驚くことが多いです。
それほど実家暮らしは恵まれているということになります。
参考までに算出しておきます。
自分のライフスタイルに照らし合わせてみましょう。
 
  1. 家賃……5万円から7万円程度です。ある程度幅を持たせておいたほうが気に入った物件がみつかりやすいです。
  2. 電気代……3,000円から4,000円程度です。エアコンをかなり使う6月から9月の時期は10,000円前後を考えておきましょう。
  3. ガス料金……3,000円から5,000円程度です。都市ガスよりもプロパンガスのほうが高めになります。オール電化住宅の場合はガス代もゼロ円です。
  4. 水道代……3,000円から4,000円程度を考えておきましょう。これは地方自治体によって安かったり高かったりします。案外と大きな差がでてくるものです。
  5. 食費……20,000円前後に押さえておきたいところです。
  6. 雑費……数万円からですが、ここがライフスタイルによって一番違ってくるでしょう。主な内容としたら、スマートフォン代・プロバイダー代・WOWOWやスカパーなどの有料放送代・生活必需品・お小遣いです。
 
最初はこのような計画通りにはいきません。
必需品が揃っていないからです。
計画よりも多く見積もっておくほうが、後々になって困ることもないでしょう。
一人暮らしの生活費のポイントとして
電気代・ガス代・水道代で10,000円程度に抑えることが理想的です。(エアコン利用時期は除外)
 
  • 一人暮らしをする場合の食費の考え方
 
食費に関しても自炊するのか外食するのかで随分と違ってきます。
注意したいのは自炊するから安くなるとは限りません。慣れないと材料費だけでも高くついてしまいます。
材料費だけではなくて電気代やガス代などトータルで考えるようにしてください。
場合によっては外食するほうが安上がりかもしれません。
 
  • 一人暮らしをする場合の生活費で忘れがちなもの……
 
それが住民税です。サラリーマンの場合は給料から天引きになっています。
中には給料から天引きされない場合もあります。
その場合は自分で払うことになります。
気がつかないで余裕だと思っていると思わぬしっぺ返しをくらうことになります。
 
  • いかがでしたでしょうか?
 
節約して生活費を切り詰めることもいいでしょう。
ですが、これも最初の段階で固定費用である家賃を交渉しておけば随分と違ってきます。
節約するのはずっと努力しなければなりません。
しかし家賃交渉は最初の一回だけのことです。しっかりと交渉しておくことが大切です。
 
  • 一人暮らしをする場合の光熱費の節約方法
 
電気のスイッチを小まめにキリなさいとか、コンセントを抜いておきなさいと言われます。
多少の効果は期待できるでしょう。
電気を一番使うのは発熱に関係するものです。
代表的な製品で言うとエアコンや電子レンジです。
一人暮らしをする場合に最も注目したい光熱費はエアコンになるでしょう。
 
一番節約できるのがエアコンを節約することです。
賃貸住宅に最初から設置されているエアコンもあります。
旧式のものであれば電気代もかかります。
古い型のタイプが多く最新機器のように省エネにはなっていないものがほとんどです。
家探しをする場合はこうった細かい点も注意しておいたほういがいいでしょう。
 
エアコンが故障する一番の原因掃除をしないからです。
定期的に掃除をしていたら正常に動いているケースは多いです
掃除をしていないと無駄に電気を消費してしまいます。
効果がでないので無駄になります。
 
一人暮らしの場合の光熱費の中の電気代を節約するならばエアコンの使用量を物理的に減らすことです。
そして使用する場合は、定期的にフィルターの掃除をしましょう。
これだけのことですが、無駄な消費は抑えられます。
 
また24時間換気の問題もあります。お風呂の換気扇などもそうです。
これは回しっぱなしでいいです。電気代としても150円から300円程度です。
カビ臭い部屋に住むよりは快適に暮らすほうがいいでしょう。

東京 賃貸 安い

格安賃貸

格安物件 東京